So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年10月1日 JR南浦和駅「さいたま市南区の史跡とトリエンナーレを楽しもう」 [JR駅からハイキング]

2016年10月1日 JR駅からハイキング南浦和駅「さいたま市南区の史跡とトリエンナーレを楽しもう」
に参加しました。

コースは
南浦和駅→大谷場氷川神社→さいたま市文化センター→根岸神明社→陸神社→
醫王寺→白幡沼→真福寺→県旧部長第2公舎→花と緑の散歩道→別所沼公園→中浦和駅

距離約6㎞

昨年もほぼ同じ時期に歩いたこのコース、今回はトリエンナーレを楽しもうとなっています。
トリエンナーレってなに?さいたま市にもう一つサッカーチームができたのかと思いましたが
「トリエンナーレはイタリア語で「3年に1度」の意味で、国際美術展の名称として世界的に浸透している。日本では2000年ごろから行われ始め、地域の特色の再発見や観光客誘致につながることから全国に広まった。」
だそうです。

さいたま市も今年初めて行われたそうですが
開催は9月24日から12月11日までの79日間。
予算約8億で、寄付は目標額1千万円に対し開催までに集まったのは56万円。
その後どうなったのかな?

南浦和駅を出発。
IMG_3284.JPG>大谷場氷川神社
こちらは狛犬ならぬ狛雉がいます。
このコース前回もですが、スタッフのおじ様たちが
面白い。
受付終了ぎりぎりだったので到着が遅かった私に、
「あんたが今日の一番最後かな?ワッハッハ!
本殿の写真撮っておいたんだよ。でもね、ここに昔はもう1つ飾りがあったのが
掃除していたらポロッととれちゃったらしいよ。ワッハッハ!」
IMG_3288.JPG

さいたま市文化センター
遠くから駅ハイの方はこっちですよ~と声をかけてくれ
ペットボトルの水とバナナのサービス。
IMG_3309.JPG

根岸神明社
江戸時代中期に活発になった伊勢信仰により創建したのではないかといわれています。
IMG_3312.JPG

陸神社
高さ10㎝の超短足用ベンチ?に1人でニヤニヤしちゃいました。
誰が座るんだ??
IMG_3321.JPG

醫王寺
真言宗豊山派の寺院で立派な鐘楼門がたっていました。
延慶二年銘板石塔婆や仏足石がありました。
IMG_3328.JPG

白幡沼
カメラマンがたくさんいると思ったらカワセミが。
ウォーキングでカワセミがいるといわれれるところに何度も行っているけど
実際に見たのは初めてでうれしかったです。
IMG_3371..JPG

真福寺
ここでまたスタッフのおじ様が「逆さ銀杏がありますよ。」
「逆さまに生えたの?」
「いわれは自分で読んでね、ワッハッハ!」
昔台地の下が海だった頃、船をつなぐ杭として銀杏の木杭を逆さに打ち込んでいたところ
その杭が根付き枝葉を出したと言われています。
IMG_3329.JPG

県旧部長第2公舎
ここが今回のトリエンナーレの会場の1つ。
使っていない公舎を展示施設としています。
撮影OKということで、素晴らしい切り絵もありました。
IMG_3369.JPG

花と緑の散歩道
ラトビアからわざわざ船に乗ってやってきた「さいたまビジネスマン」
ここではロッテの野球練習場があるのでロッテからお菓子が。
配ってくれたおじ様が日ハムだったらハムがもらえたのにねえ~と。
看板やベンチ?も今回のイベント用のようです。
IMG_3370.JPG

別所沼公園
日比野克彦氏による「種は船プロジェクト」の一環として、朝顔の種をかたどった二つの船
カメラを絶対意識しているよねって他の人と笑ったあひると
今回のイベントとは関係なくここにいるメキシコの風の神様がインパクトがありました。
IMG_3446.JPG

中浦和駅でゴールですがまた歩いて南浦和駅まで戻りました。

トリエンナーレより地元スタッフのおじ様たちのほうが印象的で楽しいウォーキングでした。
nice!(4)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 9

オサムシ

南浦和は行ったことないです。
by オサムシ (2016-11-07 06:20) 

walkerZ

こちら参加されたのですね。
おお、カワセミを実際に見たのですか。
これは本当に幸運ですね(笑)。
県旧部長第2公舎の障子の絵が素敵ですね。
ゴール後で、また南浦和まで歩いたのですね。
ということは、12㎞のコースを歩いたようなものですね。
by walkerZ (2016-11-07 07:00) 

あすか

フムフムフム・・・と(笑)
浦和・南浦和地区は通過はしたことが何度かありますが結構興味があるところが多そう。
3年に1度の祭典もじっくり見てみたいものです。
昨日のイベントでもある施設内で4~5人の鳥撮のグループが何時来るのか分からない鳥を三脚を立てて待ち続けている姿を見ました。
私には無理だ!
by あすか (2016-11-07 09:29) 

YAP

トリエンナーレって言葉自体は、そんな意味だったんですね。
そうか、「トリ」で「3」か。
小豆島を含む瀬戸内の島々でも、トリエンナーレがあって、正式名称は「瀬戸内国際芸術祭」だったので、芸術展とか美術展とかの意味だと思ってました。
カワセミを求めるカメラマンってどこからリアルタイム情報得てるんですかね?
うちの近所の公園でも、ときどきカワセミが出没するのですが、普段はカメラマンなんていないのに、そういうときにはたくさんの人がいるんですよ。
不思議です。
by YAP (2016-11-07 09:49) 

ハイチュウ

寄付の目標に対して開催前に実際に集まった金額にビックリ
3年後に次回の開催が無事に行なわれるとよいのですが
ジャランこさんが経験されたように人との触れ合いが後押しになればいいですね
by ハイチュウ (2016-11-07 17:53) 

takoing

南浦和かぁ~随分前に通ったことはあります(;^^)。
低いベンチ、ってたまにありますよね?あれお年寄りにはかえって厳しい気がします。
土で埋まっちゃったのかな?って思ってますが・・・
by takoing (2016-11-07 22:23) 

ふにゃいの

なかなか、色んなものが見られる
楽しいコースですね。
カワセミ、かわいいですよね。
うちの近所も良くみかけますが、
超望遠じゃないと写真は難しいです^^;
by ふにゃいの (2016-11-08 23:52) 

country walker

別所沼公園、行ったことはありませんが、以前他の人のブログで見事に紅葉したメタセコイアが水鏡に映っていたことを覚えています。
カワセミの撮影おめでとうございます。
最近、こんな所にも・・・と彼方此方で見かけるようになりましがそれでもコンデジで撮るのは大変なことだと思います。
ハッキリとは分りませんが嘴の色が黒く見えるので多分オスだと思います。

by country walker (2016-11-13 16:05) 

ジャランこ

コメントありがとうございます

☆オサムシさん
南浦和、関東の人でもあまり行かないかもしれませんね。

☆walkerZさん
カワセミ初めて見たのですごくうれしかったです。
障子の切り絵、素敵でした。
参加の方の意志によってなのか、これが写真撮影禁止?というものもありましたが
こちらはOKということで写させていただきました。
帰りも歩きましたが、同じコースを歩いたわけではないので
これで通常の駅ハイの距離かな?という感じでした。

☆あすかさん
3年に一度のイベントの予定のはずですが
予算と違う寄付金額、3年後もあるといいのですが。
鳥撮りさんたちの忍耐力には頭が下がりますね。

☆YAPさん
トリエンナーレのトリは3の意味のようですね。
私はさいたま市には浦和にも大宮にもサッカーチームがあるので
トリエンナーレもサッカーチームだと思ってしまいました。
私のブロ友さんの中に鳥撮りさんがいらっしゃいますが、
ブログを拝見していると皆さん情報を共有しながら
鳥を温かく見守っているようですよ。

☆ハイチュウさん
こちらのコースはトリエンナーレとは別にほぼ同じコースを昨年歩きました。
その時も、おじ様達がとても楽しい対応をしてくださいました。
でも、彼らの人柄だけではトリエンナーレは盛り上がりませんね。

☆takoingさん
低いベンチ、お年寄りは一度座ったら立つときにひっくり返ってしまいそうです。
ベンチの高さが、手前から後ろにだんだん高くなっているので
意識的?と思ったのですが、真実は??

☆ふにゃいのさん
カワセミ、ウォーキングで見られるという場所も歩くのですが
なかなか見るチャンスがなく
ようやく肉眼で見ることができました。
でも、写真に残すのはやっぱり難しかったです。

☆country walkerさん
初めてカワセミが見られてうれしかったです。
カワセミを写してみて、改めてcountry walkerさんの写真のすばらしさを
思い知りました。
そして、このぼやけた写真で性別までわかってしまうなんてさすがです。

by ジャランこ (2016-11-13 22:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0